旧作ヤマト考察協会

第一作から完結編まで、旧作宇宙戦艦ヤマトを出来る範囲で現実的に考察するブログです。

ストーリー考察Ⅱ 銀河系大戦拡大・地球に迫る戦火

 

 ひたすら「ダゴンめやりやがったな!」という展開が続くのが第2話以降の話。ダゴンがやらなくていい事をやり、やるべき事を散々後回しにした結果、彼の部下を含めた全員が重大な迷惑をこうむる。

 あのケツ割れ、迷惑至極な奴である。

 

 

 降って湧いたように発生したのがアルファケンタウリの植民地襲撃事件である。突然、偶然に近い形でダゴンに発見された第4惑星が対した理由もなく猛攻を受けた。

 非常に残念なのが、この時の防衛司令部の対応。 

 度重なる惑星破壊ミサイルの飛来――"何か”のせいで地球が、天の川銀河がヤバい事になっている事を身を以て知っているはずなのにもかかわらず、アルファケンタウリ方面に事前に戦闘艦隊を派遣していなかったのだ

 第4惑星自体が基地としてあまり機能しがたいのは仕方がないが、当該方面は太陽系にとっては前庭のようなもの。天の川銀河における戦乱が発生した場合は確実に最初に狙われるのがこの地域だ。反対に、天の川銀河以外からの外敵の襲来に際しては一旦人類を避難させ態勢を整える為にも利用可能。

 アルファケンタウリの植民地は、人類が住み繁栄させるには非常に困難で恒久的な植民地としてはコスパが悪いだが、だからといってそう簡単に手放せるようなものではない。まして戦乱が目の前に迫っているのだからここの警戒は差し当たって厚くすべき。

 それにもかかわらず、防衛司令部はあらかじめ戦闘艦隊を派遣することを行わなかった。あの惑星では大艦隊を養うのは難しいだろうが、維持できない部分は“輸血”して何とかしても良かったはず。それをしないで、後であたふたするというのは非合理的と言わざるを得ない。

 幾ら戦闘衛星を多数配備して必要に応じて集結させた判断は良かった。太陽系圏内にある艦隊を即応体制にしていたのもポイントが高い。だが、そもそも艦隊を派遣しておいた方が被害が少なく済んだはずだろうし、不必要に当該地の民間人の命を危険にさらしたという点で非常に問題。

 ある意味では職務放棄に近いと言わざるを得ないだろう

 

 この戦闘は、戦闘そのものには、合理的な部分が多いが、しかしながらあの劣勢。だったら端っから艦隊を派遣しておくべきだったのである。

 幸いなことにラム艦長率いるバース星守備艦隊が、地球防衛軍惑星パトロール艦隊の任務を偶然にも肩代わりしてくれたおかげで被害は致命的にならずに済んだ。

 

 

 

 アルプス上空戦第3話の話であるが――これはこれで恐ろしい。

 突然ワープアウトしてきたダゴン艦隊所属の駆逐艦が威力偵察を強行してきた。しかも、可能であれば一部を占領しようという意図さえ見えていたのである

 この時点で100パーセント、時間の猶予など無い。そうである以上即刻撃ち落す判断をしたのはすっぱりして気持ちのいいものだし、実際的に脅威だったのだから撃ち落しても当然だった、最悪だったのが連邦政府に対して事前にせよ事後にせよ報告しようという努力をした形跡が見られないという点である。

 防衛司令部……先のアルファケンタウリでの一件も含めて、事前に連邦政府、特に大統領に知らせていたとは思えない

 だってさ、どう見ても平時な地球において、事前に取り決めが無いという事が前提になるが、所属不明の不審艦への対処は一旦政治マターとなるのが普通でしょう。政治判断の後、対処する。それが藤堂長官の判断で撃墜もとい撃沈に至った。アルファケンタウリの一件に比べれば頼もしい判断であるが、シビリアンコントロール的にはマズイ。

 更に、連邦政府のその後の動きを見れば……アルファケンタウリもアルプス上空戦もどちらも事後報告をしたとも思えない。連邦政府はボーっと大した動きを見せていないのである。つまり、他国との戦闘が発生したのにもかかわらず、完全に防衛司令部内ですべてが完結してしまっている

 これはシビリアンコントロール的に最低の状況ストーリ-展開的には非常にテンポが良かったが、振り返ってみれば……この一連の流れを当たり前のように描写したのはまずかったと思う。

 

 

 

 ラジェンドラ号の海王星寄港これはアルプス上空戦と同様に、全体としては素直なストーリー展開である。が、細部にご都合主義と言わざるを得ない展開があった。

 第一として、隣接地域であるからワープでうっかり太陽系に到達するのはある意味仕方がない。これ以前のヤマトの描写としてもそんなに齟齬はない。また、ラジェンドラ号が大損害を負っている状況では、ラム艦長としてもあれ以外の動きようがなかっただろう。更に合理的な説明を加えるならば、アルファケンタウリ周辺の植民地を持っているのは常識的に考えれば地球――であるとすれば、敵の敵は味方として友好的な態度が期待できた。だから思い切って最低限の補修を要請した。

 地球側も、ある意味でアルファ星第4惑星の援軍をはからずも買って出てくれたバース星守備艦隊の旗艦――という点まで認識していなかった節があるが、敵意のない瀕死の艦を見捨てるという非人道的で、現状存在する全ての勢力を敵に回しかねない行動よりも、せめてラジェンドラ号の所属勢力ぐらいは友好関係を築くきっかけになれば、これは幸い。

 ゆえに、このラジェンドラ号周りの行動はラム艦長も地球側も含めて不自然・不思議はない。何ならダゴンもアイツの性格から言って、いきなり海王星に攻撃をしなかった=常識的な行動が出来ただけ褒めてあげるべき。

 

 たださ、地球を守るという点において防衛司令部……不作為すぎないか?

 ラジェンドラ号の不可抗力的な太陽系突入――そう言う事があり得るという事は、太陽系に所属不明の艦が接近してきても何ら不思議はないという危険な状況という事が頻出しているという事。実際、どうやら土星でも同様のアクシデントが起きていた模様しかしながら防衛司令部はそのいづれの事例も確認できていない節がある

 だから……どうして防衛司令部は太陽系の守りを固めなかったなぜに頑なに守りを固めない。挙句、警戒網すらザルだった。お前ら、惑星破壊ミサイルの進入から今日まで一体何をしていたんだよ。お前ら何のために存在している組織なんだよ

 と、そこに話が戻る。大統領権限がガトランティス戦役後やウラリア戦役後に強化され、シビリアンコントロールがシビアになったという説明もできなくはないが、だったらたった一言でも長官が対応に苦慮するセリフを、大統領が開戦を渋るセリフを挿入すべきだった。

 

 

 そして――最後の最後でなぜか我慢できなかったダゴン。君さ、何で第11番惑星域で戦闘を始めてしまうかね。

 古代君の直情的な性格も地球が戦争に巻き込まれる要因になった感もあるが主因としてはこのダゴンという男の存在が、地球を無理やり銀河系大戦に引きずり込んだともいえる

 ダゴンの恐ろしさは、終始一貫した目論見の甘さであるこれは彼我にとっての脅威であり、味方にとっては敗北必至な戦闘に投入され敵にとっては意味不明な攻撃にさらされるという事

 だって明らかに十分な火力を備えていると見た目からわかる宇宙戦艦相手にどうして……しかも航空戦力を含んだ戦力なのである。戦闘の直前とはいえ、事前に近い形でヤマトの手札が見えていた――どうも、味方にとって苦しい相手という事がわかってしまったのである。

 これに対して見切り発車的に攻撃を加えるというダゴンの判断。全く合理的ではない。それに、あのアルプス上空で消息を絶った駆逐艦――あれ探さなかったのかい? ダゴンよ……。

 

 

 このダゴンという男――それにしても愚鈍だ。全部余計な事をしてくれる。

 政治家なら松岡洋右とか軍人なら牟田口廉也やカスター将軍みたいな感じか。徹頭徹尾、都合のいい行動をし、9割方やらなくていい事をやりくさって、たまに合理的な事をして逆に面食らう。歴史上にも実生活上もそんなに数は多くないが、いないわけでは無い存在。

 このダゴンというキャラクターの行動という前提が、各種の無理やりな戦闘のきっかけ=ご都合主義に一定程度「ダゴンだから」という希釈された合理性を担保する

 ヤマトⅢの導入部は実はダゴンを中心として回っていたと言っても過言ではない。彼が居なければヤマトⅢは始まらないし、彼が居ればこそ完全無欠のご都合主義が概ね撤廃されるのだ。

 

 ダゴンに始まりダゴンに終わる。ダゴンによって担保されるのが、ヤマトⅢの導入部である。何とも都合のいいキャラを作ってくれたよ製作陣

 

 

ストーリ-考察Ⅰ-2 太陽観光船遭難――破滅的事故――

 

 

 ヤマトⅢを構成する重要な出来事、それが太陽観光船の遭難である。

 

 

 重大事故

 23世紀初頭、地球人類は何と民間旅行で太陽の間近まで到達できるに至った。太陽観光船は宇宙港を飛び立ち、水星の近傍空間で舷窓に広がる宇宙の脅威を観察できるのである。

 

 しかし、そこへガルマン・ガミラス帝国東部方面軍第18機甲師団艦隊の放った惑星破壊プロトンミサイルが偶然にも接近。猛スピードで直進するミサイルに対し、土門の母親が気づいたものの時すでに遅し。運悪く船内が観光モードに入っていた太陽観光船は回避行動をとれなかった。

 ミサイルはそのままフィンで太陽観光船を破砕し、太陽へと突入していった。

 

 

 古代ら戦闘員を含む人員を観光船の航行ルートに投入して捜索を敢行するも――観光船は木っ端みじんになり、残骸は原型をとどめず、残念ながら遺体は見つからなかった。恐らくは水星の引力に引き付けられてしまったのだろう。

 この事件の直後から太陽は太陽の核融合は異常増進を始める。

 

 

 原因と責任

 原因は以前にも述べたようにコリジョンコース現象加えてミサイルの速度

 軍事船舶ではない太陽観光船では、最高性能のレーダーを備えているとは思えない。また、太陽観光船をひっかけたプロトンミサイルはガルマン・ガミラスが誇る戦略ないし戦術ミサイルであるため、恐らくそれなりのステルス加工はされているだろう。

 この想定が正しければ太陽観光船側は目視以外ではミサイルの接近を感知できなかった可能性が高い

 

 レーダーにミサイルが映らなかったとすれば、最早目視に頼るほかないだが、目視で何とかなるような速度であったかは――大いに疑問

 現代の普通のミサイル程度の速度だとすれば、彼我のスピードの差の大きさを鑑みれば視界を横切る軌道であれば目で追えるだろう。まあ、目で追えたとして、丸腰では何かできるわけでは無いだろうが

 ところが太陽観光船の相手は惑星間を飛翔可能な高速飛行体。訓練されていない民間人の目で追えるようなスピードとは……思えない。挙句、真正面に突っ込んできたのである。船内は観光モードでまったり状態、しかも後方からの接近であるから船長も見張り員も一瞬気づくのが遅れても当然だろう。仮にに気が付いたとして、エンジンをかけて回頭して――とやっている間に結局船尾を破砕された可能性がある。

 太陽観光船側が早くに気が付いたとして、どっちみちミサイルのフィンに引っ掛けられて爆散した可能性が高い

 

 つまるところ、太陽観光船も太陽観光船を運航している会社も責任はないと言って構わないだろう

 

 

 

 太陽観光船側に非が無いとすれば、事故を防げなかった点について、これは防衛軍側に責任があるだろう

 太陽系を全周囲うアステロイドベルトに防衛線を敷いているのにもかかわらず、防げなかった。これは防衛線に大きな穴があるという明確な証拠であろう

 結構前からミサイルが突っ込んできているという事を判っていたにもかかわらずどこにも警鐘を鳴らさず、戦闘艦隊を配置することもせず、雷撃艇での迎撃という中途半端な迎撃態勢これは危険を放置したと言われても仕方がない

 

 確かに、防衛軍はガトランティス、暗黒星団帝国の連続した襲撃を受け、大損害を負っている。だが、しかし、そうだとしても、太陽系圏内の防衛戦力が明らかに手抜きといえるほどのレベルの低さ。あまりに質が低い。

 戦闘艦隊の即応体制は全く構築出来ておらず、結局アルファケンタウリでのダゴン艦隊の襲撃に対してワンテンポ遅れてしまった。アステロイドベルトに配備した防衛戦力もあれだったらブラックタイガー隊の方がまだ信頼がおける程度。警戒網も十分ではなく、惑星を基準にしたものであろう、全く太陽系内部をカバーできていない

 戦時体制ではないから、といっても太陽系圏内を危険にさらしても問題ないという事ではない

 特に地球は妙に攻撃対象に選ばれがちな惑星なのだから、それを鑑みて準戦時体制を平時とし、ガトランティス戦役時のように艦隊戦力のほとんどを結集させた状態を戦時として設定して地球圏の防衛に当たるというのが当然のように思われる。

  これはご都合主義な無尽蔵の戦力を避けたというよりも物語を展開させたいが為の結構無理をして手薄にさせた、ご都合主義的な戦力配置という表現の方が正しいかもしれない

 

 

 手薄な戦力配置を多少、擁護すれば――地球の資源状況なども考えれば多少手薄になるのも道理ではあろう。戦力の欠落を埋める為に配した無人艦隊や戦闘衛星はいづれも大した戦力にならず、敵の奇襲に対する急場しのぎがせいぜい。普通に有人戦力を投入した方が確実という判断になるのも不思議はない。

 だったら無人艦隊の性能を上げればいいだけだが、この教訓が生かされていないのは大いに問題だが、完結編の非省力化傾向の原点回帰への巨視的な結節点としては十分評価に値するだろう。

 それに、平時のシビリアンコントロール用の機構=防衛会議がまだ存在しているのならば、彼らが手続き上の障壁になって効果的な戦力配置への転換に失敗したと説明は可能。この場合、第一に責任を負うべきは防衛会議になり、ひいては最高司令官たる連邦大統領が責任を取るべきだろう。

 

 アメリカやイギリスが最盛期から時代を下って、割と非効率な戦力構成になっている、と言うような現実世界にも割とあり得る話だからこの設定や物語自体は者に構えてみれば何とも不気味なリアリティとも表現できるだろう。

 

 

 

 そもそも論として、ダゴンがちゃんと流れ弾の処理をすれば事故など起きなかった。アイツが一番悪いし、報告をさせなかったガイデルも相当に悪質。

 この事故なくたってヤマトⅢのストーリーは十分展開できたのにね

 

 

 影響

 まず、土門君が大きな影響を受けた。不必要なまでにガルマン・ガミラスに対する敵愾心を抱いてしまった。時折見せる不必要な反抗的態度、発想。大きな問題には発展しなかったが、ついぞガルマン・ガミラスとの心理的和解はならなかった。また、太陽制御に対する不必要なまでに英雄的行動に出がちな心理的効果をもたらした可能性も否定できない。

 一方で地球連邦というものには大した影響が良くも悪くもなかった。事故は事故として処理され、責任の所在は劇中では語られなかった。防衛ラインの強化も行われず、ラストエピソードではベムラーゼ親衛艦隊の太陽系侵入に対して全く反抗できなかった。

 

 

 事故そのものは概ねご都合主義ではないむしろ、あまたある恒星の中でなぜ太陽だけにプロトンミサイルが突っ込んだのか。こちらの方がよっぽどご都合主義で整合性を取るのは困難というか、他の恒星で同様の事故が起きていない時点で不可能に近い

 整合性の点では、オリオン腕周辺域で多数の恒星が核融合の異常増進を始めまくっているという異常現象を調査する。ストーリーの発端とした方がよかったのではないだろうか。

 

 事故そのものはその処理も、航空事故などで見られるように、政治やら何やらのパワーが介入するとこんな感じの結末になるという点で、ある意味ではリアリティがある

 ただ、細かいところでご都合主義であったり、ご都合主義ではないが合理的ではない展開、説明不足な展開が多く見られた。また、土門個人のキャラクターを深く掘り下げる為に必要なエピソードであったのだろうが、大して効果的ではない。

 彼は古代の跡に続く存在としての位置づけを想定していたと考えられるが……その意気込みの割には本編にはうまく組み込めず。挙句に、結果的に古代と土門のキャラがただ被っただけで挙句に揚羽が土門と立ち位置が被ってストーリーが重層化したのではなく煩雑化しただけになってしまった。

 

 申し訳ないが――無きゃ無いでいいエピソードだった。そう言わざるを得ないのがこの太陽観光船の遭難事故である

 

ストーリー考察Ⅰ 地球連邦政府の隠蔽と不可解人事

 

 

 

 天の川銀河局部銀河群に属する直径10万光年、厚さ1000光年を誇る棒渦巻銀河である。地球の属する太陽系はオリオン腕の辺境域に位置し、よって地球から見える夜空はこの天の川銀河の美しい側面図である。

 我らが母星・地球。太陽系は持ちろん、地球は天の川銀河全体のハビタブルゾーンに属しているという事も考えられ、地球の位置取りは天の川銀河の奇跡ともいえるかもしれない。

 

 

 

 太陽観光船の遭難事故

 ヤマトⅢの第一話において太陽観光船の遭難事故が起きた。

 悲しいかな、この事故自体は仕方がない。海の上でも陸の上でもこの手合いの衝突事故はままある。コリジョンコース現象。誰でも被害者になり得るし、誰でも加害者になり得る。だから、かもしれない運転が大切なのである。

 それに、惑星破壊プロトンミサイルが流れ弾になって太陽めがけて飛んでくるなんて普通は思わない

 一連の事が組み合わさった結果、回避に失敗してしまった。これは避けられない事故だったと言わざるを得ない。事故そのものはあまりに不運、責められるべき第一の人間はダゴンその人だ。

 

 ただ、忘れてはいけない当事者の存在がある地球防衛軍

 太陽というエネルギー供給源に対して全く無防備というのは情けない。太陽から得られるエネルギーは太陽系の維持には欠かせない、文字通り生命線であることはガトランティス戦役で経験済みのはずにもかかわらず、太陽系圏内であるのに、防衛上の巨大空白があるとは何事か

 惑星を基準とした防衛ラインの構築であった為、警戒網に穴が出来るのはあらかじめ分かっていた事であるはず。アステロイドベルトであれば太陽系をほぼ小惑星帯である為、ほぼ確実に防げたはずだが――なぜに打ち漏らしたのか。もしアステロイドベルト基地で不十分ならば、要塞なりをおいて戦力の空白を埋めるように努めなければならないだろう。にもかかわらず、防衛軍は何もせず、その重要性を上申している節もない。自宅でボヤが出ているのに、全く関知していない。連邦政府もアルファケンタウリへの未練が捨てきれずにいる

 こいつら、救いようがないぞ……。

 

 それよりなにより隠蔽はまずいでしょう、隠蔽は事故の背景は全く隠され、連邦政府にも知らされず、防衛司令部内にその情報は止めおかれたのである

 シビリアンコントロールというか、軍に対する政治のコントロールが全く効いていない。これ、結構致命的である。

 

 軍と政府の関係性のまずさもあるが、根本として惑星破壊ミサイルの飛来をひた隠しにした防衛司令部――これは最悪の対応だ

 無論、前段階として、連邦政府と連邦大学の間のやり取りやサイモン教授と黒田博士のやり取りなど、地球を守ることが使命である地球防衛軍的に政府が信用できなくなったもの無理はない。こういう時、普通の軍なら反乱を起こす。タイ軍やかつてのトルコ軍やエジプト軍はこんな感じでよくクーデターを起こす。実際的に国民を守っているのは政治家ではなく軍人だしね。

 それをしなかっただけでも藤堂長官、結構冷静というか穏便な対応。うっかり内々に処理する点や、黙ってもおかみに従うなど、ある意味、日本的ともいえる。

 なのであるが――それはそれとして、ミサイル飛来をひた隠しにしたのはマズイ。太陽観光船の遭難事故にも関係しているのではないかと独自予想を立てているというのに、それをどこにも知らせていない模様。実際問題的にアステロイドベルト域まで惑星破壊ミサイルが到達しているのだから……政治が考えなしに首突っ込んでいい事案ではないが、防衛司令部の一部だけで情報を独占するのはいかがなものか

 ヤマト2の時も重大情報を連邦政府や防衛司令部はしれっと、ストという事で適当にごまかした過去があるが、あれと同じ。体質が変わっていない……。まあ、現実の世界でも漢級の領海侵犯や〈広開土王〉によるレーダー照射事件での動きなど、無い話ではないようではあるが……。

 

 つかさ、惑星破壊ミサイルの射程どんだけなげぇんだよ。

 

 

 

 土門・揚羽の不可解人事

 話題は打って変わってヤマトクルーの人事。揚羽はまあ、アイツは戦闘機乗りとしての才能があったから別にいいのだが、土門は別だ。バリバリに戦闘訓練を積み、しかも最新鋭の訓練を施され、成績も十分な精鋭を何故に炊事係か。炊事係がどうでもいいとかいう話ではない、高度な訓練を受けて優秀な成績を収めた訓練生を、なぜにわざわざ専門外の炊事係にするのかという合理性の話。それも、動機は古代の個人的なモノというのがどうも話の展開からして推測される。

  確かに、人事評価は艦長が口を出して当然だろう。まして土門を立派な宇宙戦士に育ててやろうという兄貴的な――育てようというその意思は素晴らしい。素晴らしいさ。でもね、卒業時の評価を前提として人事の采配を振るうのが当たり前の場面で、全く個人的な感情で配属先を決めるのはまずいって。そう言う事はやってはいけませんって、判るだろうに。

 もはやガミラス戦役、ガトランティス戦役、ウラリア戦役と歴戦の勇士様には常識は通じないのだろうか……

 

 

 異星国家間の大決戦から始まり、重大事故の発生。目くるめくオープニングから始まる設定をガラガラポンした挙句に、妙にリアリティのある隠蔽と、ご都合主義人事。

 ヤマトっぽさが悪い意味で絶妙に感じられるストーリー……という表現しかないだろう。もうちょい、何とかならんかったのか。

 そりゃ、お前が修正しろなんて言われたら――降参する他ない。だって、この辺りは根本からしてストーリーの大工事をしなけれなならないから。しかも、変更したらストーリーの根幹を脅かしかねない、結構難しいところであることも間違いないから。正直、やって出来ない事はないと思うけど。

 

 

ストーリー考察S 銀河系大戦――物語の始まる前の話――

 

 

 考えてみればヤマトⅢは端っからおかしな話が満載だって、天の川銀河に何十年も前から大国が栄え、そして相争っていたのに全く地球は知らなかったのだ……。今まで様々な外敵と戦い、一時は拡大傾向にさえあった地球が全く外交関係を周辺国と結ぶことすらせず。

 もっと言えば、そんな巨大国家が天の川銀河に成立していたのに、情報が漏れ伝わっていて当然なのになぜ、ガミラスやガトランティスらは不用意とも思える侵攻作戦を展開したのか。

 全く整合性が取れない

  

 

 それはそうと――

 天の川銀河局部銀河群に属する直径10万光年、厚さ1000光年を誇る棒渦巻銀河である。地球の属する太陽系はオリオン腕の辺境域に位置し、よって地球から見える夜空はこの天の川銀河の美しい側面図である。

 我らが母星・地球。太陽系は持ちろん、地球は天の川銀河全体のハビタブルゾーンに属しているという事も考えられ、地球の位置取りは天の川銀河の奇跡ともいえるかもしれない。

 

 

 

 銀河系大戦――物語の前史――

 天の川銀河の面積でいえば1/3を支配するボラー連邦最高指導者にベムラーゼ首相を据えた専制独裁国家である。圧倒的物量作戦、無慈悲にも思える火力の前方投射をもって敵を蹴散らし、周辺諸国をことごとく属国として飲み込んでいった。

 ボラー連邦の領域は本国域に加え、本国との非接続域であるオリオン腕隣接地域までがその影響下にある。

 

 一方で天の川銀河中心部を起点に銀河のおおむね1/3程度を支配下におさめる新興国家、それがガルマン・ガミラス帝国である。民主主義に基づいたタイプの独裁制であり、君主制の側面さえある特殊な政治体をを擁し、根幹たる支配民族ガルマン民族の母星を中心に周辺域をことごとくボラー連邦の支配下から解放し、その勢力を日の出の勢いで拡大する帝国。新兵器や特殊兵器を多数用い、技術力で敵と戦う極めて強力な国家だ。

 支配領域は天の川銀河の中心部を完全に掌握し、さらにマゼラン雲方面の銀河辺縁部にまで拡大中、ボラー連邦との決戦を制すべく果敢に戦闘を進めていた。

 

 

 

 って――これほど天の川銀河が乱れて、地球は全く知らなかったってどういう事か

 今まで散々襲われたのだから、危機管理上あるいは地球人類の生存戦略上どう考えても銀河系大戦を察知して当然。全く関与できなかったとしても、陣営に与することをしなかったとしても、察知ぐらいはしておくべきだった。

 それにもかかわらず、全く知らなかったなんて、あまりにお粗末地球人を守る気があるのか疑問、お話にならないレベルである

 まあ、地球連邦がアルファケンタウリの植民地がに失敗していることを鑑みれば……多少は整合性が取れるか。全然好意的な評価ではないが。

 

 

 

 一方で、ボラー連邦側の描写も気になる

 どこかのパートでも述べたが、暗黒星団帝国の侵攻ルートはおとめ座から地球を結ぶため、天の川銀河のボラー連邦領域ないしガルマン・ガミラス領域を掠めている。どちらかの領域は確実に掠めているつまり、ボラー連邦は暗黒星団帝国の侵攻に関して、全くスルーしてしまったという事になるのだ

 仮に侵攻ルートが自国の領域をかすめたのであれば、黒色艦隊及びヤマトの往来を事実上の黙認してしまった。或いは、実は暗黒星団帝国と外交関係があった。

 仮に攻撃を仕掛けて返り討ちにあったのなら、余ほど脆弱な戦力しかボラー連邦は持ち合わせていないという事。或いは感知できなかったか。

 

 前者であれば、ラム艦長のガルマン帝国に対する認識と整合性が取れなくなる。暗黒星団帝国は少なくともガミラス接触があり、暗黒星団帝国とボラー連邦が接触があったとすれば、多少なりとも情報が流れても不思議はない。だが、そう言った描写は一切ない。後者であれば、天の川銀河覇権国家としてのボラー連邦という姿は誇張されたもの、実際はガルマン・ガミラスと同様に割に最近軍拡を始めた疑似的新興国家という事になるだろう。あの警戒衛星も新設されたものという事になる。

 前者でないとすれば後者の説を取るよりほかなく、後者の説であれば整合性はストーリー展開の整合性は緩やかに取れる。そう、どう転んでも整合性自体は緩やかに取れてはいるものの、どうにもリアリティに欠けてしまう

 天の川銀河の覇権をめぐる二大帝国が、ヤマトⅢのストーリー開始を見計らったように急速な拡大を遂げるだなんて……都合がよすぎる。

 

 加えて、ボラー連邦(バース星)と地球の関係性の希薄さ、この上ないご都合主義

 地球の勢力はアルファケンタウリまで進出しており、もう少し足を延ばせばバース星領域に到達する。実際、撤退のため緊急ワープしたラジェンドラ号以下のバース星守備艦隊はことごとく太陽系圏内にワープアウトした。

 こんな状況で、今までただの一隻も迷い込んだ船はなかったのかね?

 一連の描写は、設定として非常に合理性に欠ける

 

 

 

 実は、銀河系大戦には時間軸の問題も生じている

 後に判明することだが、天の川銀河に戦乱が訪れて25年もうこの時点でおかしい。劇中、23世紀初頭というアナウンス以外に特に時間軸の話はなかったのだが、古代と雪の関係性がさほど進展していない事やクルーが家庭を持っていない事を考えれば、2203年からさほど時間は経過していないだろう。

 ガルマン・ガミラス、その前身であるガミラスは2203年前後にならなければ、ストーリー上は天の川銀河に移動しない。それ以前では天の川銀河に拠点を置く必要はない、或いは不可能な状況に置かれている

 つまり……これではヤマトⅢの時間軸として噛み合わない。これは擦り合わせ不可能。巡礼者の長老が年齢のせいか、心理的な側面からか事実を間違って認識してヤマトクルーに語ったか、ヤマトクルーにも分かりやすいようにかいつまんだ結果事実と異なる話になってしまったのか。

 長老の昔話を切り捨てなければ整合性が取れないのである。

 

 

 

 もっと言えば、21世紀の初め以来着々と侵略を続け、ようやく2199年に太陽系に到達したガミラス帝国が、ガルマン帝国になった途端、急に侵略のスピードを上げて数ねんで天の川銀河を割拠する巨大帝国建設を成功したというのもなんともご都合主義のにおいがする

 結構、ガミラスの侵攻スピードは遅いのである。彼らは拠点や前線基地を置き、順繰りに勢力を拡大していく。ガトランティスとの違いは情報戦を軽視している点だが、それ以外は無理な拡大というものはしていないのだ。ドメル艦隊の集結で見た通り、戦力の集結も実は迅速で、その範囲内でしか戦闘を行っていないと説明が可能。

 そんな彼らが、ヤマトⅢに入って急に戦力補給も通信も中途半端になるような無茶な戦争を行うのはシリーズ内の整合性が取れない

 

 確かに反ボラーの勢力を丸々吸収出来れば、そっくり領域を拡大できるし、ガトランティスの超技術を吸収したとあれば多少は拡大スピードを速められるだろうが——或いは、モンゴル帝国のように都市限定では意外と領土が小さい癖にステップの面積を加えるから詐欺的に巨大になった、あれと同じか。

 しかし、前者であればガルマン帝国の戦闘艦艇が画一で描写されている点と齟齬が出る。勢力をそっくり吸収したならば、ボラー製の戦闘艦や独自設計の戦闘艦が多数登場しても不思議はない。というより、その方が自然。

 後者であればある程度は説明も可能だが、ボラーの勢力拡大スピード(バース星併呑は10年前)と大幅な齟齬があり、ガルマン・ガミラスのあんまり強くない戦力描写と幾らかの齟齬が出る

 

 端的にいえば、ガルマン・ガミラス建国があまりに時間軸的なボリュームが無さすぎる。おかげでリアリティもなくなってしまった

 加えて、地球とボラー連邦との関係性についてもいえることだが、地球の居する天の川銀河にガルマン・ガミラスを建国するのであれば――普通はどこかのタイミングで地球に連絡を取ってしかるべきだろう。これがなかったというのが解せない。

 古代と総統、地球とガミラスの関係性から言って連絡しない方が不自然

 

 

 

 と、ヤマトⅢは確かに壮大な設定やストーリーを擁しているものの……以前のストーリーとの整合性が取れていない。ヤマトⅢの中でも整合性が不完全

 好意的に見れば、時間軸以外は何とか整合性は取れるし、放送時間に限りがあるのだから不完全になるのは仕方がない。

 とはいえ、時間軸の整合性のとれなさや、キャラクターを踏まえた登場国家の行動などの矛盾は度し難い正直、ヤマトはストーリーが本格始動する前からズッコケていたと言わざるを得ないだろう

 

 

 

 

 

地球連邦装備品 星間移民船とその計画(ヤマトⅢ)

 

 

 星間移民船はヤマト史上2度計画されて内、1度は途中まで使用。続旧作で1度実際、本格的な運用をなされた。しかし性能緒元がイマイチ示されず、その内容は不明である。今回はこの移民船をざっくり考察したいと思う。

 

 が、その前に地球の総人口の想定をしておかなければならない

 どうせ正確な事なんてわからないのでざっくりと、ね。

 

 

 総人口の推定

 以前、地球防衛軍の人員と質について考察したが、その際に地球の人口はスタートが何億人かによって、その後の変遷に影響が出るとした。

 つまり、多めに人口を見積もって80億人か、地球環境にある程度余裕を持たせて60億人。ガミラス戦役で遊星爆弾を――奇襲でなかったとしても直撃を受ければ10億人は第一波で消滅する。第二波ではさらに10億人、地下都市への非難が遅れれば遅れるだけ被害が大きくなる。

 第三波、仮に人口60億人から戦役がスタートした場合はこれが分かれ目であり、以降も襲撃を受けた場合は人口が20億人を下回る。

 

 さらに翌年、ガトランティス戦役。これはさらばにおいても、白色彗星の接近によって惑星表面があれだけ荒れたのだ――まず、スペースコロニーは大損害間違いなし。地球表面も海抜の低い地域や沿岸地域は水没してしまっただろう。しかも、白色彗星の反対側の地球表面は水面が下がっている可能性がある。つまり、ヤマトがガス帯を払った時点で反対側も大津波の被害を受ける。数億人単位で人命が失われたとしても不思議はない。

 ヤマト2の場合はさらに直接的で、超巨大戦艦が直接砲撃を行い地表を穴あきチーズにしてくれた。都市部はあまり被害に遭っていない可能性があるが、沿岸部に直撃すればそれだけで津波被害はあるだろう。内陸部であっても、直撃地点の周囲数キロから数百キロ圏内は地震が起きているに違いない。この場合も数億人単位で死者が出る。

 暗黒星団帝国の襲撃は、割合に局所的であり地球の人口比に影響をもたらすとは思えないが、それでも損害は損害。この幾らか後、ダゴンがぶっ放した惑星破壊ミサイルが太陽に直撃する。

 

 この時点の人口は一体どれだけだろうか。

 恐らく20億人前後ではないだろうか。ガミラスやガトランティスによる直接の被害だけではなく、地下都市への移動によって生じた事故であるとか、いざこざの最中の殺人など。地下都市の生活でも、特に長期化していたガミラス戦時では、各種の病気は発生していたはず。これも人口の維持には悪影響というほかない。

 つまるところ、やはり20億人をこえる数が残っているとは思えないこれを前提として、以下の考察・推察を行いたいと思う

 

 

 

 星間移民船(ヤマトⅢ)

 推定データ 
 全長:300メートル強

 全幅:70メートル程度
 乗員:100名程度
 収容人数:数万人 
 航続距離:1万5000光年

 武装:なし

 

  第2話でイメージ図として登場――ここから推測すると、船首は極めて扁平だが底部から上部にかけて通常の船のような断面傾斜がある。上面図としては非常に縦長で、上部に大型の半円状の突起がある。船尾は極めて扁平なひし形の断面と四角い上面図を有し、船尾終端に船橋がある。操舵室ないし司令室はこれもまた扁平な長方形。船首と船尾は細い連結部で結ばれ――全体が青に近い灰色、船首の先端が赤いカラーリング。

 第19話での登場で下地は黄色と判明。

 

 全長の推定・収容人数の推定

 全長は不明だが、ドックからして300メートル程度と思われる。また、300メートルを超える大型艦の建造を地球防衛軍は行ったことがない為、この辺りの数値が全長として妥当だろう。人類の切り札が人類初の超大型艦で航行テストもなしというのはヤバい。浮上できずに折れたら洒落にならん

 この船の幅は全長の約1/4程度であるから、70メートル程度と推定が可能。仮に全長をヤマトの再設定値と揃えた場合、620メートル程度となるだろう。

 明らかに推測するまでもなく収容力が小さい……。

 

 どこに何を収容するのかは全く不明であるが、船首に乗員を載せるという事になるだろう。つまり一方の船尾はエンジンと――その他物資を積みこむという事になるだろう。高さは幅の半分から半分強程度と、見られる。つまり容量はざっくり――

 70メートル×30メートル×120メートル

 8階ないし9階立てビルと同じ高さ、面積でいえばざっくり渋谷駅ぐらいか。或いは東京ドーム程度。まさか市民をすし詰めにはできないため、普通に東京ドームレベルの収容は第一層としてこれを2層、11万人程度は収容可能だろう。

 

 もう一度言うが、これは人数が少なすぎだろう

 確かに、トバ・カタストロフ理論が正しかったとして、7万年程度の極めて長い時間をかければ、ほんの数組の夫婦が生存していれば人類は70億以上にまで増えるのだ。

 だが、それは人類種の単なる生存の話。

 人類による組織的な星間移民は話が違う。人類種が生き残ればいいという話ではないのだ。仮に20億人だったとしても、約1万8182隻で一度の輸送か1000隻で18回。ヤマトに合わせても44万人がせいぜい。4546隻で一度の輸送か1000隻で4.5回の輸送。これは非常に手間だやって出来ない事ではないのだが、時間が怪しい

 

 輸送回数を低減するには、巨大すぎて元から不格好なのが際立ってしまうが――ヤマトに合わせた再設定値の倍の全長に再構成する必要があるだろう。この想定では移民船は全長1.24キロで収容人数も約176万人に及び、桁の違う輸送力を有する。

 これならば、1136隻を建造するか、200隻を建造して6回輸送すればいい。まあまあ地球の負担は減るだろう。

 

 

 航続距離の謎

 どうやらこの船は波動エンジンを主缶としては積んでいないらしい。或いは使用回数に限度があるらしい

 そうでなければ、航続距離に限界があるというのは、設定として矛盾が生じてしまう。まあ、ストーリー展開的には波動エンジンだろうが何だろうが航続距離に限界があった方が都合がいいのではあろうが……。

 

 1万5000光年という航続距離を考えれば、ワープが出来て当然であるため――このワープの為だけに波動エンジン積んでいるという事か。或いは、使用する燃料を星間物質ではなく通常の核燃料あたりを利用しているか。

 これらにどんなメリットがあるかといえば、正直メリットはないと思われる。仮に星間物質を取り込むためのインテークが必要で、それを削減して容量を確保したとあれば……端っから船体を大きくしておくべきだった。

 メリットのために波動エンジンの常時稼働を制限した、あるいはワープを制限したとするのはあまり妥当・合理的ではないだろう。小説版のようにワープには猛烈な身体的負担がかかるというのであれば別だろうが、アニメ版ではシートベルトナシは危険という程度。メリットのためでないとすれば……

 

 合理的な説明をするならば、波動エンジンの量産を行うためにダウングレードしたため使用に限界がある。だから通常航行に使用するには大きなリスクがある――そう頻繁に稼働していないため、インテークを設けるほどでもなく核燃料あたりを利用した。という事になるか。

 かなり後ろ向きな説明になってしまっているが……。

 

 

 この星間移民船はあまり具合のいいものではない

 無論、出来損ないではないし、数を集めれば十分利用可能。シンプルを極めた構造であり、明らかに建造は容易であるから、この点も利用価値は十分。

 ただもう少し船体を大型化する必要が有るだろう。このままでは船長の確保が苦しく、自身の船を見捨てさせる形で民間から徴募する必要に迫られ、不必要な不安定要素を内包してしまう。

 結局、この船は建造はされたものの――幸いというべきか、実際に出動することはなかった。

 

 

 

 星間移民計画の様相

 恐らく、はじめは1万5000光年の距離のみを前提にした運用だっただろう。理由は先に述べたように、個々のエンジン性能と量産体制の限界。

 割に狭い範囲内での移動であれば、ピストン輸送というのもある程度は可能なはず。仮に危険があったとしても、第二期の残存艦艇や新規建造艦を投入して濃密な輸送路を確保可能だろう。しかし、遠方になればなるほど往復に時間がかかってしまいそれだけ船の数が必要になる。道中の危険という不安定要素との遭遇もしやすくなる。

 出来るだけ地球に近くかつ、太陽の影響圏外。これが集団移民のベストなのは合理的といえるはず。アルファ星第4惑星やバーナード星第1惑星が不適当だったのは非常に痛かった……。

 

 移民計画の本格始動は第12話、人類滅亡まであと228日の段階。各探査艦隊が出動し、結果報告が入り始めたのが第14話人類滅亡まであと207日の時点である。更に第20話にても探査艦隊が調査続行している様子が映るが、この時点で人類滅亡まであと118日と迫る。そして最終回である第25話、地下都市の冷却装置を全力稼働させて10日、1/3まで落として1カ月がタイムリミットとされていた。

 これらのタイムスケジュールから考えて、最初の計画では100日程度を移民期間として見込んでいたとして妥当だろう。一方で組織立てて太陽の影響圏から脱出するのに最短で10日弱。

 だから順調に移民を成功させ、最後のグループを仮に1千隻=4億人(100隻なら4000万人)――別に数字は何でも構わないのだが、これを脱出させるのに必要な期間が10日弱という事になろうか。スケジュールとしては3日以内に移住先から地球に帰還し、2日以内に人類の乗り組みを完了させ、1日以内に太陽の影響圏を離脱して3日程度で移住先へ到着。

 これが期限、移民のラストチャンスであろう。劇中の描写と整合性は十分にとれる

 

 これらの想定が妥当であれば、移民船は最大で1日5000光年程度の速力という事になるだろう。移民計画の当初の予定からして――仮に10回に分けて移民を行うならば、乗り組みに20日、往路に30日、復路に30日で合計80日のある程度の猶予が10日とこれもまた整合性が取れる

 よって、描写から推測した収容力11万人想定だと2000隻、44万人想定だと500隻、最大の176万人想定ならば120隻もあれば十分という事になる。惑星発見まで時間がかかればそれだけ移民船の数を増やす必要に迫られ、早期発見が出来れば数は少なくても構わない

 どのみち、差し当たって火星か土星海王星当たりの惑星基地に退避する必要はあるだろうが。

 

 一方で、後期では明らかに計画の前提が変更される

 シャルバート星への通路(門)は惑星ファンタムやスカラゲック海峡星団からそうは離れていないはず。亜空間という不確定要素を含んだ上での話だが――あのヤマトでさえ、シャルバート星から太陽系まで46日かかる。そもそも、天の川銀河は直径10万光年であり、ガルマン・ガミラスとボラー連邦の境界ラインに位置していた惑星ファンタムは、明らかに地球から5万光年を超える距離にある

 これは移民船の航続距離をはるかに超える為、仮に踏破できたとしても帰還できる見込みは薄い為、船は使い捨てにせざるを得ないしかも、地球滅亡まであと118日と迫った上にいまだに惑星探査を全艦隊が続けていた

 いやいや、水曜どうでしょう班並みにスケジュールが破綻してる――事前の計画のままでは……

 

 の極めてタイトなスケジュールをこなすには、ほぼ確実にガルマン・ガミラスの協力が不可欠だろう

 連邦政府の動きを想定するならば、太陽異常増進の根本的原因を作ったダゴン将軍=ガルマン・ガミラスに責任を取らせ、一時的にせよ地球人を難民としてキャパシティのある惑星に避難させる。或いは、地球の移民船だけでは賄えない部分をガルマン・ガミラスの大型艦艇に収容させて猛烈なピストン輸送を行う。この計画を総統に承認してもらった――と言うような事前の取り決めなりをしなければ、移民は不可能だ。

 協力的な総統は当然として、多分波動砲の威力を知ればキーリングあたりも地球に与するのを承認するだろう。

 そうなれば、護衛はガルマン・ガミラス艦隊に任せて地球の全艦艇を輸送船として使用可能だし、ガルマン・ガミラスの影響圏周辺域ならばどれでも好きな惑星を選べた。実際、惑星ファンタムを推薦したのは総統だし。

 意外と、"ガルマン・ガミラスにおんぶにだっこ作戦”は未来が明るい

 

 つまるところ後半はヤマト・古代と総統の関係性と、一種の腐れ縁である地球とガミラスという関係性に大きく依存した計画に変遷したと説明できるだろう

 

 地球側としても当然、対症療法でしかないとしても――差し当たっては人類を地球から火星へと、火星基地のキャパシティの限界まで地球人を輸送しただろうし、点在するであろうスペースコロニーにも一時避難をさせただろう。これで出来るだけ地球から直接輸送しなければならない人数を減らしかつ、人類滅亡まで数日から数カ月の猶予を持たせることが可能。最低限この程度はやっておくべきだろう

 その間にヤマトが吉報をもたらしてくれれば幸いだし、本当に総統が地球人を難民認定してくれれば安全にガルマン・ガミラスの領内に一時滞在可能になる

 この難民キャンプを軸に数カ月から数年は人類は根無し草とはいえ十分生存できるようになるし、探査を続行して何ならアンドロメダ銀河さんかく座星雲大小マゼラン雲に足を延ばしたってかまわない。

 一応、人類の命脈をつなぐことだけは可能

 

 

  猛烈に危険な綱渡りになった移民計画。最初こそ、順当なタイムスケジュールではあったものの、移住先が見つからないという事態によってどんどんタイムスケジュールに遅れが発生し、地球単独では致命的な状態に至ってしまった。善後策を打ちようがなかった感もあるが、藤堂長官の若干の指導力の不足を感じる。実際、会議でも吊し上げをくらい、ヤマトに希望を託すほかなかった。

 

 幸いにもお人好しな総統の好意で、ガルマン・ガミラスの支援という一種の移住へのめどがついたものの、それでも人類延命策でしかなかった。ここまでくると、少々脆弱な能力の移民船についてはもはや語るべくもない。

 ルダ王女=マザーシャルバートの懐柔に成功し、ハイドロコスモジェン砲入手という僥倖が地球にもたらされた。これによって何とか首の皮一枚繋がったと言える。正直、移民計画は失敗だったと言わざるを得ない。

 

 

 

ボラー連邦兵器群 艦載機/警戒衛星/氷上戦車(緒元不明なため、全部ざっくり解説)

 

 

 ボラー連邦でも戦闘機であるとか戦車であるとかを運用していた。

 戦闘機は恐らく特殊兵装の一部であろうと、その塗装が旗艦級戦艦と同様の赤色で塗装されていることからうかがえる。一方で青い車体の氷上戦車や上陸舟艇は通常兵器の類なのだろうと推測できる。 

 

 

 ボラー連邦中型戦闘機タイプA/タイプB

 タイプAは第24話及び25話に登場した機体。半円形の機首、機体上面後部の左右に突起があって後方へ伸びる。さらに底面にも突起があり、上部のそれより後方に位置してやはり機体後部へと伸びる。上面図は概ね3角形に近いが、アングルによってはサンショウウオの前足から頭にかけてをぶった切ったみたいな形。なぜか機体上部中央に飛び出た角のような――ガルマン・ガミラス爆撃機と同様の何かが生えている。

 全体的に赤いが、開口部と機首のみ黒い。

 武装は機首底部の長砲身砲1艇、背負い式のミサイルランチャー2基が武装で、特に長砲身砲はガルマン・ガミラスの大型戦闘艦すら破壊した。大きさは恐らく、コスモタイガーと同様と思われるが、不明。

 

 タイプBは第12話に登場した機体。上面図はタイプAよりも3角形で、こちらは突起が少なく平たい。機体底面中央部にエンジンノズルがある特殊な機体で、何だかわからない機能。

 機首に3門のミサイル発射管。上面に結構古い型のアイロンみたいな物体が乗っかっており、これが大型ビーム砲らしいが、描写なし。

 全体的に赤い機体だが、機首が黒くグレーの差し色がところどころ入る。

 

 

 ボラー連邦小型戦闘機

 第24話に登場した機体で、一番戦闘機っぽい見た目。絞られた3角形の機体に、後方に更にデルタの翼が拡大で付属。印象としてはタイプAに近いが、底部の突起はない。小さい機体にタイプAなみの武装を機首に載せているため、銃口が機体からはみ出している。他にはどんな武装があるかは不明。

 大きさを推測することは不可能だが、あんまり人間と比較して大きくはない。

 

 

 上陸舟艇

 ボラーの艦体色たる青色で塗られた円盤型の舟艇。“厚み”は約4メートルから5メートル。恐らく直径は10メートル前後とであろう。2メートル四方の開口部を底面に持ち、ここから降下兵を投下することも可能。上面は船首がカニのハサミのように二股に分かれる。極小さい突起が4つ、おかげで見た目が4つ星のテントウムシか、カメムシみたいになっている。

 第22話の回想シーンでルダ王女を惑星ファンタムへ流刑にした際にも使用された。

 戦闘空母の標準搭載艇と思われる。確証はいつもの事ながら、全くない。

 

 

 警戒衛星

 データ――不明

 第19話に登場し、ヤマトを補足したデータ不明の人工物。古い型の四角いルーターを二つ並べ、その間に水筒を置いたような特殊なデザインで、全体が赤い。水筒の底とルーターの前面にくぼみがあり、そこが光る。また数か所、楊枝の様な銀色の何がしかをまるで飛ばしそうな構え方をしているが、多分アンテナ。

 2機一組なのかは不明だが、2機が並んで登場した。第19話の描写からして、どうもガルマン・ガミラスの領域にもちゃっかり侵入して展開している模様。

 

 

 氷上ミサイル戦車

 第13話、バース星の閲兵式で登場した戦車。2発のミサイルをMk 26 GMLSみたいな感じで背負っている青い車体で、ミサイルだけ赤い。車体前方が極めて大きく盛り上がり、一方で後方は平たく印象としてはゴルフカート。車体と同じだけの長さのミサイルを背負った結構危険な戦車。車輪なのかキャタピラなのかは、丁度底部が隠れているため描写からは不明。

 確実に登場車両はバース人によって運用されていると断言できる。ベムラーゼ首相を迎えての閲兵式の際、バース人歩兵が多数行進していたし総督府の通常の警備兵も肌の色が緑色であった為、これは非常に推測として妥当だろう。

 

 

 テレビシリーズゆえ、このような小型兵器が多数登場――というわけでもなく、ヤマトではままある事。描写が短い為、捉えどころのない感があるが、ボラー連邦の設定としての重層さを演出するには十分だったと言えるだろう。

 

 

銀河系大戦(ヤマトⅢ)参加部隊 地球――領土防衛――

 

 銀河系大戦に登場した地球防衛軍の部隊は新惑星探査計画の配属艦だけではない。他にもいくつかの部隊がそれぞれの職務において画面に登場した。

 

 

 地球防衛軍教練群
 陣容:不明(指揮監督艦、補給基地、観測基地、標的小惑星多数)
 活動域:アステロイドベルト
 指揮官:不明
 所属:地球防衛軍

 これは単なる仮称で実際は不明。登場は第4話。

 地球防衛軍も当然訓練せねばならない。第二期地球艦隊及びより自動化を行った第三期地球艦隊は木っ端みじんに敵にやられてしまった。この事実から得られることは、生身の通常戦力運用に失敗したという事。

 やむを得ない事情はいくつもあったし、すべて失敗したわけでは無いが学習した内容が絶望的に残念。この反省から艦隊の基礎的な能力向上は急務である――としても当然というか当たり前。この基礎能力の向上を担う部隊が教練群である。と推測

 

 活動領域・陣容

 この部隊の中心活動域はアステロイドベルトである。アステロイドベルトは火星より遠方、太陽系をほぼ一周する小惑星帯。ここは極めて多数の標的を供給して余りあるほどの好射撃訓練ポイントといえるだろう。そこで地球防衛軍はこのうち幾つかの小惑星を改造し、ここに的や接舷用アーム、観測基地および補給基地を多数建設した。イカルス天文台の成功体験の拡大強化ともいえるかもしれない。また、新たなる旅立ちで見たように、管理されていない流星帯を訓練域にしてしまうと不慮の事故も考えられるため、管理区域内で訓練させるのは順当な流れ。

 一方で、冥王星などの外縁部基地の防衛ラインを突破した物体に対する最終に近い防衛ラインでもある。実際、ヤマトⅢにおいては惑星破壊ミサイルを一発うっかり逃してしまったが、大抵はこの防衛ラインで抑え込むことに成功しているらしい。

 

 現状の訓練対象

 恐らく、水雷戦隊。実際、駆逐艦1や巡洋艦2がこのアステロイドベルト基地において姿を見せていた。敵に対する襲撃、正確なミサイルないし魚雷発射、敵を避ける退避運動や効率的な襲撃運動を訓練するのだろう。

 空母及びその航空隊を訓練することも念頭に置いているだろうし、将来的には訓練を行うのだろうが、あの特殊技能をおいそれと数万人規模で再建するのは難しいだろうから――現在は一部の惑星基地駐屯部隊やヤマト航空隊ぐらいが対象だろう。

 戦艦は現状ほとんど建造していないか、或いは戦闘以前のもっと基礎的な訓練を行っている最中だろう。ヤマトと同様、護衛戦艦の何隻かがここで訓練を行った可能性は十分あるが、多分卒業しているだろう。

 

 

 惑星パトロール艦隊

 陣容:不明
 活動域:ケンタウルス座宙域
 指揮官:不明
 所属:地球防衛軍

 第2話で言及のあった戦闘艦隊。冥王星、第11番惑星、アステロイドベルト基地から所属艦艇が全艦発進し、アルファ星第4惑星援護へと向かった。

 常識的に考えてヤマト2に登場したナンバードフリートの組み換えか、外惑星巡航空母艦隊から航空戦力を除いて水雷戦隊にした艦隊。場合によっては空間輸送護衛艦隊の能力を強化、作戦範囲を広げた艦隊だろう。

 編成は第2期の残存艦艇プラス第4期の先行建造艦艇が中心になるだろう。数隻の戦艦と10数隻の巡洋艦に加えて駆逐艦護衛艦がそれぞれ20前後程度。ダゴン艦隊相手に3個艦隊を派遣したことを鑑みて、長官の過剰反応を織り込んだとしても、一個艦隊は戦艦1を旗艦とした巡洋艦5、駆逐艦10、護衛艦5程だろう。この程度なら拡散波動砲装備であれば、多数の敵艦隊に対しても十分戦える。たとえ収束波動砲であっても、3個艦隊が集結すれば多分戦えるはず。

 劇中に登場していないので、結局全くわからないけどね

 

 

 ケンタウルス座駐留警備隊
 陣容:不明
 活動域:ケンタウルス座宙域
 指揮官:不明 
 隷下部隊:第4惑星警備隊

 所属:地球防衛軍

 アステロイドベルト基地よりよくわからないのがこのケンタウルス座駐留部隊。結局パトロール艦改装の警備艇以外登場しなかったため、本当にまるっきり不明。

 惑星パトロール艦隊の傘下なのか、全く別なのかは不明だが――常識的に考えて、太陽系外の地域が太陽系駐留の惑星パトロール艦隊の管轄下とは思えない。故に、ケンタウルス座駐留警備隊は惑星パトロール艦隊とは別の独立した部隊と推測可能。

 陣容は旗艦たるパトロール艦、他数隻の護衛艦駆逐艦及び少数の巡洋艦で合計30隻弱が見込まれる。第9話においてバーナード星域まで進出してヤマト乗り込むの女子クルーを引き取っていった。意外と警備域が広い

 

 

 ケンタウルス座アルファ星・第4惑星警備隊
 陣容:戦闘衛星10数機、雷撃艇3以上、警備艇25以上
 活動域:アルファ星第4惑星
 指揮官:不明
 所属:地球防衛軍

 第7話に登場した部隊。さらば宇宙戦艦ヤマトの新地球防衛軍の制服に近いデザインの集団である。可哀想に緊急配備を命じられた部隊でもともと駐留している部隊とは編成が違う模様。大型艦どころか小型艦すら配備がない為、ダゴン艦隊に対する防衛能力はほとんどないというレベルだったいないよりかはマシだったかもしれないが

 恐らく、第4惑星のキャパシティ上の理由で惑星パトロール艦隊をずっと駐留させるわけにはいかなかったのだろう。どうも、アルファケンタウリを植民地や勢力圏におけるほど地球の戦力や工業力・科学力は高くない模様。

 

 

 

 

 地球の戦力を総合的に勘案すると――第2期地球艦隊以来の念願、地球の勢力拡大はやっぱり無謀だったようで……。