旧作ヤマト考察協会

第一作から完結編まで、旧作宇宙戦艦ヤマトを出来る範囲で現実的に考察するブログです。

そりゃねぇだろエピソードTOP3(新たなる旅立ち)

 

 

 恒例の擁護しがたい驚くべき描写をあげつらうシリーズ。今回は新たなる旅立ちのそりゃねぇだろエピソードをTOP3形式で紹介、解説したいと思う。

 ガトランティス戦役より遥にエピソードのぶっ飛び方にブーストがかかっているため、要シートベルト。

 

 

 第3位:イスカンダルの暴走

 ガミラス星の爆発により軌道を外れたイスカンダルこの時点で結構疑問がある。惑星というものは実はそれぞれ引力で引き合い、特に恒星に引き付けられている。足が速い彗星や絶妙に惑星間の引力の間を渡り歩く浮遊惑星は別にして、普通は恒星の重力に捉えられ、その終末の時までずっとぐるぐる回るのが普通だ。

 どの惑星も公転軌道上でガスや塵が集まって惑星となった。仮に、どこからか高速で系内に突入した場合は惑星に激突するなりして減速することで恒星に捉えられてぐるぐると系を構成する惑星となる。特に創成期の系であればどの星もアツアツだから引力が強い、だから互いに引き合う。

 ガミラスが爆発して消滅した場合、その余波を受けてイスカンダルが飛び出すという可能性はあるだろう。ただ、単に軌道がずれるだけではなく、爆発の衝撃波を受けて惑星表面が大惨事になる。これは免れ得ない。

 が、どこまで飛び出すかは未知数だろう。軌道を押し出された場合、恐らく銀河中心部にあるブラックホールを直接中心点とした公転軌道を描くか、本当にふわふわあてどもなく漂うか。

 そうは言ってもワープはしないだろう。ワープだけはしないだろう。どう頑張ってもできんだろう。これは擁護のしようがない。というか、正直する気が起きない。

 高速移動中で前方の周囲の宇宙空間が凝縮され、これが障壁となって外部からイスカンダルを保護。光速移動自体は外部から隔絶された場合は別に内部に何か破滅的影響をもたらすわけでは無く、ただ時間の経過が遅くなるだけだからワープしても惑星表面には大して問題は起きない。と説明できるが、根本のイスカンダル星がワープしたというのが全く意味が解らん、

 

 

 第2位:イスカンダルの自爆

 単純に残念なシーンだ必要性があるかどうかは疑問だし、ヤマトがやたらに特攻というか自己犠牲のオンパレードになっている、その一つの要因というか実例の一つになっている。描写の合理性とか、それ以前の問題で一度目の視聴なら案外感動できるかもしれないが――2回目の視聴はシラケる

 一位にするか二位にするか迷いに迷ったが、まだイスカンダルの歴史をでっち上げた際に組み込めば何とか説明がつくという点に置いて救いがあったので二位にランクイン。

 

 第1位:スターシャの幻影

 さらばのテレサは存在の特殊性からある意味神にも等しかった、だからある程度は説明がついた。だが、一応人間の範疇のスターシャがそれをやったらまずいだろう。ヤマト2版テレサのように、ギリ大帝と古代と雪にだけ見えた、であればまだいい。厳格とか願望という事でいくらでも説明がつく。

 が、スターシャの幻影はその場の全員が見ている。幼いサーシャまで見ている

 これは……ヤマトが最もSFではない部分の具体化例と言えるだろう。離陸時に沈み込むガミラス機など、いくらでも「むしろ完璧なサイエンス、見事なまでのサイエンス」と強弁できるシーンとは異なり、この幻影は無理。

 幻影が見える合理性がそもそもなく、具体例を引いて“あり得る話”とするにはオカルトや霊現象を引っ張ってこなければならないため、その身もふたもなさに不名誉な第一位にランクインしかもお説教内容が中途半端というのも減点対象

 

 

 番外編

 まだ説明がつくが、バカらしかったりやり過ぎな描写である為お世辞にも褒められないシーン。しかし、そりゃねぇだろと製作陣を詰問したくなるほどではないため、ランク外な場面である。

 

 北野君の急成長

 射撃訓練で大失態を犯した北野君だが、なぜか急に成長して名采配を振るった。元々優秀だし、自信家だから、これが元来の彼の姿なのかもしれない。故に目くじらを立てるほどではないのかもしれないが、目には付くし疑問符も付くそもそもの疑問だが、彼の本分は一体なんだ……戦闘部として配属された模様だが、艦橋勤務でなぜか航海班の緑な服装で発進の指揮を任された挙句実際にヤマトを発進させられている。で、イスカンダル上空では古代の代理としてデーダー指揮下の艦隊と交戦しこれを圧倒、その優秀さを見せつけた。

 北野君、君は一体何者なんだ……。そして古代君は何で異なる職務を抱き合わせたんだい……?

 

 

 「我が巡洋艦隊……全滅!!」

 これは、仮に無人艦隊ならば操作ミスで話が済むが、有人艦艇であった場合は話が異なる。艦底部に武装の無い護衛艦が、明らかに上方への攻撃手段を持つヤマトに対して腹を見せるのか。煙突ミサイルは暗黒星団帝国にとって予想外だったとしても、潜られたらヤバいことぐらいは分かるだろう。なのになぜ突っ込んでいったのか。

 戦術的にはまったく無意味どころか自殺行為。しかも煙突ミサイル第一波攻撃の後にならないとヤマトに対して下降しての攻撃を行わないという意味不明っぷり。これは有人艦艇では合理的な説明がつかない……。みんな恐ろしく愚かな艦長ばかりだったとするか? それはそれでご都合主義だ……。

 

 

 以上のように、これだけ短い作品でこれだけ残念なシーンを引っ張り出せるというのは――正直ヤマト作品の質の低下としか原因を説明できない。実際、翌年に暗黒星団帝国が攻め込んでくるという驚異的かつ絶望的な設定に誰か異を唱えなかったのか……残念過ぎる。

 この新たなる旅立ちという作品は、ぜひ雰囲気を味わってほしい。合理的な説明であるとかSFのSの部分にウェイトを置いてみないでほしい。出来れば、この作品を楽しんでほしい……だからぜひ、半分寝ているような状態で観賞してほしい。そうすれば作品本来のポテンシャルを大幅に超えた体験が出来るはず。